So-net無料ブログ作成

よろセン!12/8~12/12 [よろセン!]

番組は冒頭から「お詫び」の文章とナレーションで始まる。
以下は「お詫び」の内容。

先週放送の「よろセン!」で 「世界の偉人DEN」を放送しました。 12月4日の放送分では、 アドルフ・ヒトラーを取り上げました。 これは誤った歴史認識に基づく 不適切な内容でした。 視聴者の皆様をはじめ、多くの方々に 深くお詫びいたします。


今週から再びBerryz工房。
今回の講師は熊井友理奈。
白い帽子、グレーのジャケット、黒いスカート、白いハイヒールという格好の友理奈が「さぁ、皆さん。おはようございます」と大人の女性を気取った風に話し出す。ポカーンを見ているメンバー達。
再び友理奈が「おはようございます」と言うと「おはようございます……」と呆気に取られた雰囲気のまま挨拶をする。
「さぁ、皆さん。今週私が家庭科を担当する熊井友理奈でございます。よろしくお願いします。何を勉強するかと言うと、皆さん分かりますか?ファッションを勉強していきます」

ということで、今週のテーマは「ファッション」

「皆さん、もっとかわいくなりたいですか?」と友理奈が聞くと、桃子が速攻で「は~い!なりたい」と答えるが他のメンバーは記入していたので、友理奈が「ちょっと待って。書くの待って」と言う。ちなみに、この時にメンバーが描いていたイラストがオンエアでは公開される。このシーンでは梨沙子が描いた友理奈のイラスト。
再び友理奈が「皆さん、もっとかわいくなりたいですよね?」と聞く。「なりた~い」とゆったりめな雰囲気で言うメンバー達。「もっとオシャレになりたいですよね?」と聞かれても「なりた~い」とあまり盛り上がっていないため、友理奈は「早く、もっとテンション上げて!」と言う。それを聞いてメンバー達は無理矢理「なりた~い!!」とテンションを上げて言う。それを受けて「そんな皆さんのお言葉に甘えて……」と友理奈が言うが、佐紀が「先生、チョイチョイ日本語おかしいですけど大丈夫ですか?」

12/8「1950&60年代」
今日はプロジェクターを使い、友理奈が自分で作った授業用のノートを写して解説する。

「1950年代にどんなファッションが流行ったか、知ってる人?」と友理奈が聞くと佐紀が「今、先生がしている格好」と答える。
次にオードリー・ヘップバーンの写真を持ち出し「オードリー・ヘップバーンが映画で着た衣装が日本でも流行したんです。皆さん、オードリー・ヘップバーンを覚えましょう。オードリー・ヘップバーン!」と言う友理奈。メンバー達も後から「オードリー・ヘップバーン」とリピートする。「みなさん、もっと大きい声でですよ。もっとテンション上げてください。オードリー・ヘップバーン!!」と友理奈が言うと、テンションを上げて「オードリー・ヘップバーン!!」

次は1960年代。
「60年代のファッションを語る上で欠かせない人がいます」と言ってある女性の写真を出してくる友理奈。「この人、誰だか知ってますか?」と友理奈が聞くと、桃子が「ツイギー……」と答える。友理奈が「あ、書いてある……」と自分で書いたノートに名前が書いてあることに気づく。
ツイギーは60年代にミニスカート旋風を巻き起こしたイギリスのスーパーモデル。
「ツイギーというのは"小枝"という意味で、細くて長い手足が女性の憧れの的でした。そんな細くて長い脚だからこそ似合うのがミニスカートです。というわけで『ツイギーさんと言えばミニスカート!!』」と友理奈。もちろんメンバー達も同じ言葉をリピートする。

今日の真野ポイント
……おそらく番組冒頭の「お詫び」が入ったため、今日はナシ。


12/9「1970年代」
今日も友理奈がまとめてきたノートをプロジェクターで移して授業を進める。
友理奈が「嗣永さん。こういうジーンズを何て言うか知ってますか?」とノートに貼ってある写真を指すが、今回もノートにちゃんと書いてあるため、桃子は「ベルボトム……」と苦笑しながら言う。友理奈は「ここにもクッキリと書いてあります。よく読めましたね」
「若者で流行ったズボンなんですけど、別名『ラッパズボン』とも言われていたんですね。このようなスタイルを『ヒッピースタイル』と言います。それじゃ、いきますか?せ~の!?」と友理奈が言うとメンバー達が「ヒッピースタイル」と言う。
友理奈は「ヒッピースタイルといえば、ベルボトムのジーンズに厚底の靴、男性はロン毛」と説明すると、同じ格好をさせているマネキンにかかっているベールを取る。しかし、取ってみてから「あ、これは女性でした」と言う。メンバー達に「毎回(マネキン)怖いよね?」「髪の毛がズレてる」と言われてしまう。
そして、もう一度「ヒッピースタイルの基本形は、厚底の靴、ロン毛、ベルボトム。基本形なので皆さん大声で叫びましょう。『ヒッピースタイルの基本形。厚底、ロン毛、ベルボトム!』」と大声で言わせる。メンバー達は基本形をリピートする。友理奈は「それではこれを早く言ってみましょう。厚底、ロン毛、ベルボトム!厚底、ロン毛、ベルボトム!さぁ、これを言えなかった人は宿題ということで」

「この頃には、『JJ』や『an・an』や『non-no』などの雑誌が創刊されて色々なファッションが流行ったんですけど、その中でお嬢様系の女の子の中で流行したのが『ハマトラ』と言って、どこかの女子高生風な格好なんですけど、このことを『ハマトラ』って言います」と説明すると「皆さん、せ~の……」と振る。メンバー達「ハマトラ~」
ちなみにハマトラとは「横浜トラディショナル」の略で、横浜の名門女子大生をイメージしたファッションのことを指す。
そして、こちらも「ハマトラの基本形。トレーナー、ハイソックス、ローヒール」とリピートさせるが、何度も同じことをやっているためメンバー達はテンション低め。それに気づいて「皆さん、チョット投げやりですね」と言うと「もう少しテンションを上げて。トレーナー、ハイソックス、ローヒール」と言う友理奈。

今日の真野ポイント
「神奈川県出身の私が気になったのは、ハマトラ。今度やってみようかなぁ」


12/10「1980年代」
今日は「ランラランララ~ン♪」と言いながら、白いシャツ、ピンクのミニスカート、白いスニーカー、黒いセーターを肩にかけた、前回と違う格好で登場した友理奈。
授業を始めようとすると佐紀が「先生、それって何の格好ですか?」と聞く。「よくぞ聞いてくれましたね。これは当時の女子大生がしていた格好で……」と説明するが、メンバー達は「へぇ……」と薄いリアクション。

「80年代のファッションをで忘れてはいけないのが、バブルという言葉です。フリフリの服が特徴の『ピンクハウス』ってブランドを知ってますか?……知らないよね?」と言うと、その当時の格好をさせたマネキンを見せるが、カツラが気になって動かしてしまう友理奈。
「すごい重ね着ですけど……。他にも、『コムデギャルソン』や『コムサデギャルソン』などが大人気だったそうです。このようなブランドを『DCブランド(デザイナーズブランド、キャラクターズブランド)』と言います」と説明する。そして、今回も「それでは、せ~の!?」と友理奈が言うと「DCブランド」と言うメンバー達。

「DCブランドの後に来たのが……」と言ってもう一体の緑色のスーツを着たマネキンを見せる。
「これを『ボディコン』って言います。コレの特徴は清水キャプテンさん、どこだか分かりますか?」と聞く友理奈。佐紀が「ちょっとウエストがキュッってなってるところ?」と答える。「よく見つけました。それでは菅谷さん。ここを読めばすべて分かる」と梨沙子にノートを読ませる。「肩パット……」と梨沙子。
このファッションは髪型も特徴があり、ロングヘアーで長さかキッチリと揃っていることを「ワンレン(ワンレングス)」と言う。これも全員で「ワンレン!」と叫ぶ。
「そして、ボディコンの前身がこれなんですけど、メイクが特徴的なんですよ」と当時の格好のイラストを見せて「ナチュラルな眉毛で、ぶっといのが特徴なんですよ」と友理奈が説明すると「それがワンレン?」とイラストのヘアスタイルを聞く佐紀。スタッフが「それはソバージュ……」と説明する。「違うみたいですね。ワンレンはあっちで、こっちのウネウネしたのはソバっぽいのでソバージュ……」と説明してしまう友理奈。

今日の真野ポイント
「ワンレンにボディコン、ちょっと驚きました。お母さんもやってたのかな?帰ったら聞いてみよう」


12/11「1990年代」
まずはコギャルから。
「当時の女子高生のファッションのことで、渋谷が聖地と言われていたんですけど、それでは嗣永さん……」と言うと、プロジェクターで映しているノートを自分の身体で隠す友理奈。桃子が「顔は大丈夫ですか?文字が……」と友理奈の顔に文字が映っているので指摘すると、友理奈は自分で持っている方のノートで映っている文字を隠そうとする。「どうしたんですか?先生」と佐紀。友理奈は一生懸命隠しながら「コギャルの男性版を何て言うでしょう?」と聞く。桃子と雅が「ギャル男」と答える。「正解です、二人とも」と友理奈。

「コギャルよりもっと年下の……」と言って友理奈がまた隠そうとするが、映している文字は消えないため、プロジェクターのレンズを覆って映さないようにする。そして、「菅谷さん。コギャルよりもっと年下の中学生の女の子を何と言うでしょうか?」と聞く。「マゴギャル」と答える梨沙子。「よく見てましたね~。マゴギャルと言います」と言う友理奈。
コギャルの写真を使って説明する。「コギャルの特徴はガングロと茶髪です。じゃあ、肌の色をもっと黒くしたメイクの人を何と言いますか?清水さん」と指す。「ヤマンバ?フフフ、(ノートを見て)カンニングしちゃいました」と言う佐紀。
「ヤマンバを略してマンバと言います」と言ってそのファッションをさせたマネキンを見せる。「そんな人いたんですね」「また(マネキンの)おでこ広いね」と言うメンバー達。
「これも重要なので繰り返したいと思います。マンバ!」と友理奈が言うと「マンバ!」と言うメンバー達。もう一回「マンバ!」と言うと「はい、今日のところは2回にしておきましょう」
「コギャルファッションで欠かせないものは何だと思いますか、徳永さん」と友理奈。千奈美が「えっと、厚底ブーツとルーズソックスです」と答える。「そうです。ここに書いてあります」と言ってから厚底ブーツを取り出す。「結構重いんですよ。(底が)10センチくらいあります」と友理奈が言うと「私達が履いてもデカくなりそうだね」と佐紀。ルーズソックスも取り出して「流行ってましたねぇ」と言う友理奈。
そして、「コギャルファッションに欠かせないもの。厚底ブーツ、ルーズソックス」をリピートさせると、「そういえば、私達の先輩のハロプロメンバーにも履いてた方がいるはずですね。いましたね」と言う友理奈。画面の左端に矢口真里"先輩"の顔が出てくる。「ファッションの移り変わりは早いということです」と友理奈。

今日の真野ポイント
「コギャルはガングロに茶髪。私もやってみたいけど、似合わないだろうな」


12/12「2000年代」
「まずはこれですね」と一体のマネキンを見せて「菅谷さん、このファッションを何て言いますか?」と聞く友理奈。梨沙子は「ロリータファッション」と答える。「正解です。それでは皆さんご一緒に。ロリータファッション!」と友理奈が言うとメンバー達も「ロリータファッション」と言う。「これはピンクがメインで、レースやフリルなどがたくさん付いている乙女チックなファッションのことを言います。こういうファッションには膝上のハイソックスやバレリーナシューズやカチューシャなどをつけたりします」と説明する。

次は「姫系」について。
「これは姫系っていうファッションなんですけど、一緒に言ってみましょう。せ~の……」と友理奈が言うとメンバー全員で「姫系!」と言う。
友理奈が「お姫様になりきって、白やピンクのフリルのついたワンピースを着用して、ヘアスタイルは縦のロールパーマが基本となっています。この姫系の女の子のことを嗣永さん、何と言うか知ってますか?」と指す。「アゲ嬢」と答える桃子。「ホントにこのノート便利ですね。私が書いたノート、答えが全部載っているという……」と言ってホワイトボードに映されたノートにペンでマークする友理奈。
「それでは皆さん、言ってみましょう。せ~の……」「アゲ嬢!」のやり取りの後に、「アゲ嬢の特徴は何でしょう?徳永さん」と友理奈が指す。「(髪を)盛ってる」と答える千奈美。「そして清水さん」と指されて「カラコン」と答える佐紀。「そして夏焼さん」と指されるが「私、(ノートが)見えないんだけど……と言う雅。文字が薄くて見えないため、友理奈が「キラ盛りネイルって書かれています。さ、夏焼さん、何でしょう?」と再び指名する。苦笑しながら「キラ盛りメイク」と雅が答えるが、他のメンバーから「ネイル……」と訂正され「ネイル!」と答える。
「アゲ嬢ってこんな感じですね。(髪が)盛ってますね」と写真を取り出して「アゲ嬢の基本形をいきます」と言う友理奈。「盛り髪、カラコン、キラ盛りネイル。はい」と友理奈が振ると「盛り髪、カラコン、キラ盛りネイル」と言うメンバー達。「最終日なのでもう一度いきます。盛り髪、カラコン、キラ盛りネイル」と友理奈が言うとメンバー達も「盛り髪、カラコン、キラ盛りネイル」とリピートする。

「変わった流行が……」と言うと、もう一体のマネキンを見せる。「皆さん知ってると思いますけど。知ってると思いますので皆さん声を合わせて言ってみましょう。せ~の」と友理奈が言うとメンバー達が「ゴスロリ」と答える。
「ゴスロリはゴシックロリータと言って、ロリータファッションの一種と言われています。このファッション、一度やってみたい人?」と友理奈が聞くと「は~い」と手を挙げる桃子。「似合うと思いますよ」と言う友理奈。「ありがとうございます。……それだけ?」と聞く桃子。「それだけです。着れると思った?」と友理奈。
最後に友理奈は「皆さん。ファッションを勉強して、もっともっとオシャレに磨きをかけてください」と言って終わらせる。

今日の真野ポイント
「ゴスロリにアゲ嬢。私にはちょっと刺激が強すぎ。でも、ロリータならできるかも」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。